オリジナルTシャツを作りたいなら

オリジナルTシャツ : 注意点

色々な方法で作れる
Tシャツプリントサービスを利用する際、いくつか注意点があります。
Tシャツプリントサービスのサイトからダウンロードしたフォーマット内にイラストを作成し、
イラストに色を塗った後、外側を囲むパスデータを作成します。

この時、別のレイヤー上で切り抜きパスを作成します。
データの入稿形式は、指定のファイル形式で入稿します。

画像を編集するソフトウェアについても、バージョーンが指定されている
場合があるので注意が必要です。

データを入稿する時は、ファイル名に半角英数字小文字を使用し、
拡張子を付けるのを忘れないように注意します。

データ内に画像が含まれている場合には、画像の解像度にも
気を付けます。

グラデーション

低い解像度の画像を拡大したものを使用すると、プリントした時に
画像が不鮮明になり、モザイク状になる場合があるので気を付けます。

メールで入稿する場合は、スタッフが確認できるようにPDFデータを添付します。

CD-Rなどの媒体を使って入稿する場合は、紙に出力したものか、
PDFデータを添付します。

メディアは返却してもらえない場合があるので
バックアップを作成しておく必要があります。

パソコンのモニター上の色彩と、インクジェットプリンターで
実際にプリントされたTシャツの色は、表現方法が異なるため
色の相違が生じます。

プリントされた色の方が若干濃く表現されます。

逆に